笑顔のブログ

あなどれない脚力

2021年12月14日  

みなさんこんにちは。今年もあと数日でクリスマスがやってきますがみなさんのところではクリスマスはどのように過ごされていますでしょうか。私にとってはいつもの安めの赤ワインがその日だけ一番おいしいクリスマスワインに変身する一年の中でもとても楽しい日です。12月になってコロナ感染者もおさまってきているせいか人出が多くなり東京の会員さんと兵庫の会員さんがそれぞれ一泊で夢季家に来てくれました。この2年間ほどメールとか電話で話すことしかできませんでしたが久しぶりに会えてほんとに楽しかったです。じかに会ってお顔を見ながら話をすることは本当に大切なことだということもあらためて実感いたしました。

さて私は3年ほど前から脚力が落ちてはいけないと思い、春と秋の気候がいいときは車通勤をやめてJRを利用しできるだけ歩くように心がけていました。また月に2回は糸島の会員さんの理容室へ育毛のため頭皮のお手入れに。JR、地下鉄の後は20分の徒歩。帰ってくると万歩計が一万歩以上になっていました。ところがコロナ感染者が出始めた当初は感染原因の1つに乗り物のつり革などと報道されたためそれからJRも地下鉄もバスも全く使用しなくなり外出もストップ。近所の散歩もストップ。会員の方も夢季家面談は当時ほぼなくなりましたので仕事もストップ。食料品の買い出しに車で何日かおきに行って帰るくらいで歩くことのない生活でした。ところがそんな生活も1年ぐらい経つと足の感覚がどうもおかしくなったなと思うようになりました。一時的なものですぐ良くなるだろうとたかをくくっていましたが、良くなるどころか日々弱っていき筋肉が減少しているように感じ始めました。階段を降りるときは気付けば手すりを持っています。靴下を履くときは立ったまま片足づつ上げて履けていたのがこれも気がついてみると椅子に座って靴下を履いています。次々と脚力の衰えを思い知らされることに。また私は3ヶ月に1度血液検査を行っていますが記録を見てみるとコロナが始まってから数値がじわじわ悪くなっていました。お酒のせいかなと思い一年前からお酒の量を少なくしていましたが変わりません。この秋から感染者が減少し始めましたので天気が良い日はまたJR通勤を再開しました。自転車にも1時間ほど乗りまた散歩。それで先月採血したところ数値はすべて改善されていて運動不足が全ての原因だとわかりました。ドクターによると「脚力の低下→転倒→骨折→入院→車いす」となるそうです。多くの方々が運動不足になっていると思います。日々心掛けて歩くことや自転車などで脚力を維持することははとても大事なことなのですね。


コメントは受け付けておりません。

トップへトップへ